包含|基本

選択の指針


個々の話題が大小の関係にあり包含される場合に適しています。

図解イメージ


話題の包含関係を考える場合、幾つかの視点があります。
  • 地域(全国、関東地方、東京都、千代田区…)
  • 分類(産業、製造業、食品製造業、畜産食料品製造業、乳製品製造業…)
  • 範囲(年、四半期、月、週、日…)
聞き手にとって、分かりやすい視点で包含関係をまとめることが、大切です。


書き方

  1. 大きく円形を書きます。
  2. その中に必要な数の円形を書きます。
  3. 各話題を説明しながら、対応する部分にタイトルを書きます。

事例


弊社の物流網(主題)は、三つの包含関係にある集配送拠点により、効率的な収集と配送を実現しています。
皆様の最も身近にあるのが、取扱店(話題1)です。全国に約20万店あり、皆様からのお荷物の配送依頼を受け付けております。また、お電話を頂ければ、集配車でご自宅までお荷物を受け取りに伺います。取扱店に出された荷物も、集配車で回収され、皆様の市区町村にある地区センター(話題2)に集めます。全国に約5,000箇所ある地区センターでは、地区内の荷物の収集と配送を行っています。皆様にお荷物をお届けするのも、地区センターの仕事です。地区センターに集められた荷物は、都道府県単位にある地域主管センター(話題3)に集めます。地域主管センターでは、荷物の送り先別に、他都道府県の地域主管センターや県内の他の地区センターに仕分し配送します。
全国規模での荷物の収集と配送を行っています。 全国に張り巡らした、販売店・集配車、地区センター、地域主管センターの物流網により、効率的に皆様のお荷物を全国にお届けしています。