ストラクチャードコミュニケーション®とは

速く確実な相互理解と合意形成のための、コミュニケーション技法


ストラクチャードコミュニケーション®とは、「論理的な思考による情報の構造化」と「直感的な表現としての図解による視覚化」を融合させたコミュニケーション技法により、話し手と聴き手が限られた時間で速く確実に相互理解と合意形成することを目的としたコミュニケーション技法です。

ストラクチャードコミュニケーションは、「論理的な思考による情報の構造化」と「直感的な表現としての図解による視覚化」を融合させたコミュニケーション技法により、話し手と聴き手が限られた時間で速く確実に相互理解と合意形成することを目的としたコミュニケーション技法です。
ストラクチャードコミュニケーション®とは


ストラクチャードコミュニケーション解説動画

ストラクチャードコミュニケーション®の期待する成果


ストラクチャードコミュニケーション®は、特にビジネスシーンにおいてその効果を発揮します。
構造化した情報を図解で表現し「すぐ分かる」コミュニケーションにより、「速く確実な」相互理解と合意形成が図れ、ビジネスの「業績向上」を実現します。

ストラクチャードコミュニケーションは、特に、ビジネスシーンにおいてその効果を発揮します。 図解による直ぐ分るコミュニケーションにより、ビジネスのスピードを速め業績の向上を実現します。
ストラクチャードコミュニケーション®の効果

三つの要素(Structure、Skill、Style)


ストラクチャードコミュニケーション®は、以下の三つの要素が有機的に組み合わされることで目的を達成します。
  • 構造化の技術(Skill)
    構造化して表現するための技術を体系化しました。
    このスキルは、話し手として伝える場合も、聴き手として聴く場合もの、両方に対応しています。
  • 情報の構造(Structure)
    ビジネスでよく使われる情報の構造を10個の基本構造として用意しました。
    併せて、基本構想の選択フローチャートも用意しました。
    情報を構造化するための適切な構造を効率的に選択できます。
  • 実践の型(Style)
    実際の業務場面で確実に上記の知識(情報の構造)と技術(構造化の技術)を実践するための行動を型として用意しました。
    型に従って実践することで、確実な行動による成果を促します。
ストラクチャードコミュニケーションは、構造化の技術(Skill)、情報の構造(Structure)、実践の型(Style)の三つの要素が有機的に組み合わされることで目的を達成します。
ストラクチャードコミュニケーション®の三つの要素